“走る社交界”オリエント急行

“走る社交界”オリエント急行
豪華列車の代名詞である、オリエント急行。
“走る社交界”という異名をもつこの列車の始まりは1883年のこと。
パリからイスタンブールへ、人々の夢をのせて出発しました。
そして1982年、寄木細工の客席や色とりどりの装飾、薪ストーブなど、当時の伝統をそのまま受け継いで
ロンドン~パリ~ベネツィア間を走り抜ける「ベニス・シンプロン・オリエント急行」が運行を開始しました。
全長401メートル、全17車両で構成されるこの列車。
レストランカーでは、フランス人シェフが腕によりをかけてお食事をふるまいます。
是非ドレスアップをして優雅なひと時をお過ごし下さい。
そしてバーサロンではピアノの生演奏。

オリエント急行での甘美なひと時はまさに“社交界”。
旅の思い出に、大切な人との思い出に、人生の思い出に、オリエント急行はいかがでしょうか。

オリエント急行の旅はこちら









**********************************
トランスヨーロッパエクスプレス
トランスヨーロッパ
**********************************